読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neno's Blog

Hebon Life Story

【H29受験】栄東入試の振り返り

f:id:ken2080:20170119092430g:plain

埼玉入試が終わった。他では、昨日も東大Ⅱ入試が終わり結果待ちになっているが、家の予定では『栄東(A/東大Ⅰ)』の戦いをもって、埼玉入試が終わったので、振り返ってみる。


まず、結果として、栄東校の東大クラスの合格が取れた。おめでとう!
人混みの中、初本番の厳しい戦いにもかかわらず、良く頑張った。合格を聞いた時には、興奮して涙が出るくらい嬉しかった。
そして、惜しくも東大I選抜の特待にはならなかったものの結果としては、全体的にとても素晴しい戦いだったと思う。
この戦いを経て、知らない間にいろんな力が身に付いてきた。
それは、以下の3つ。それらを大事にして、これからの本命校に立ち向かうのみ。
◆得られた3つのパワー
①本番で戦える実戦力
②不安に負けずに立ち向かう力
③第一志望校の本番に備える力

①本番で戦える実戦力
本番テストの緊張の中、自分なりに緊張のコントロールを経験する事で、テスト時の時間配分や本番当日の過ごし方に少し慣れるようになり、第一志望校の本番でも参考になるイイ経験ができた
 
②不安に負けずに立ち向かう力
現時点で本番での実力も測る事が出来、自分の現在の位置がはっきりする事で、今後の予定についての参考値になり、余計な事(不安)が少なくなった。
 
③第一志望校の本番に備える力 ★重要
本番テストという貴重な経験から、学習面や環境面での宿題がはっきりして、補強が必要なところに集中して取り組めるようになり、本命校の本番まで残りの時間が有効に使える。

家の場合、今回のポイントは、算数、理解、社会はとても良い成績が取れたが、敗因となったのは以外と得意科目である国語のテストで格段に難易度が高まった論述型問題に遭遇して、本来の実力が出せなかった事だった。
本番でのこの経験は、いい意味で本人にもとてもイイ刺激になっている様子。
今後が楽しみだ。

最後まで、あきらめず頑張ろう!